開封後の「食べ物」賞味期限ナビ

賞味期限についてはだいたいわかるけど、封を開けた後の食べ物の賞味期限っていったいどれくらいなの?といった疑問を解決するために立ち上げました。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長持ちする野菜・傷みやすい野菜

長持ちする野菜はジャガイモなど水分が少なめな根菜が多い。


にんにく
【保存期間】1ヶ月以上
【保存法】ネットに入れ冷暗所に吊るすか、新聞紙に包んでチルド室にいれる。

 
白菜
【保存期間】1ヶ月以上
【保存法】冬の白菜は常温でOK。夏は野菜室に入れて4~5日中に食べる。


玉ねぎ
【保存期間】約2ヶ月
【保存法】風通しの良い遠いところでネットで吊るすと、常温保存が可能。


カボチャ
【保存期間】2~3ヶ月
【保存法】新聞紙に包んでなるべく乾燥して涼しいところに置いておく。

※【保存期間】は野菜を切らずにまるごと保存した場合の期間


その他1ヶ月程度もつ野菜
ニンジン・サトイモ・ジャガイモ・サツマイモ・泥のついたネギ・泥のついたゴボウ(土に埋めた状態)




傷みやすい野菜は「葉っぱモノ」や水分の多いものに見られる。

【1~2日で傷み始める野菜】
もやし・水菜・モロヘイヤ・枝からもぎ取った枝豆等


【1週間程度で傷み始める野菜】
トウモロコシ・おくら・なす・さやいんげん・ホウレン草・キノコ類


【低温障害を起こしやすい野菜や果物】
野菜や果物の中で冷蔵庫に入れると傷みやすく劣化が早くなるものもある。例えば、冷蔵庫である期間保存するとトマトは実が柔らかくジュクジュクになってしまう。キュウリは皮がベトベトになってしまう。バナナは色が黒くなり、早く傷んでしまう。

【低温障害を起こしやすいもの】
ナス・キュウリ・トマト・サツマイモ・バナナ・パパイヤ・パイナップル等

熱帯地方で採れる果物の多くは冷蔵保存は向かないが、食べる前の数時間冷やすのであればOK。



【野菜や果物の成熟・老化を早めるエチレンガス】
実は果物や野菜は収穫後も呼吸をしている。その時に野菜や果物の成熟・老化を早めるエチレンガスが放出される。特にリンゴはエチレンガスを多く放出しやすいので冷蔵庫の中でほかの野菜・果物と一緒に保存すると縮んだり傷みやすくなる。しかし、熟し切っていないキウイなどと一緒に入れると通常よりも早めに熟した状態になるので、エチレンガスは使い方によってメリットもある。

【エチレンガスを多く放出する野菜・果物】
ブロッコリー・リンゴ・メロン・アボガド・桃など


【エチレンガスのダメージを受けやすい野菜・果物】
ブロッコリー・キュウリ・未熟なトマト・さやいんげん・パセリ・柿・キウイフルーツなど




参考文献:
「カラーグラフ食品成分表」実教出版
「賞味期限がわかる本」宝島社 徳江千代子 監修  
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 | 開封後の「食べ物」賞味期限ナビ | 

カテゴリー
RSSリーダー
Add to Google
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ブックマーク
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ん、これは!(・д・)
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。