開封後の「食べ物」賞味期限ナビ

賞味期限についてはだいたいわかるけど、封を開けた後の食べ物の賞味期限っていったいどれくらいなの?といった疑問を解決するために立ち上げました。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開封後の賞味期限:海鮮食品(いくら・すじこ・スモークサーモン・わかめ・こんぶ)

いくら・すじこ 
賞味期限】3日(いくら)、7日(すじこ) 
保存温度】10℃以下
開封後に食べられる期間
冷蔵で約3日(いくら)、約7日(すじこ) 冷凍で約3ヶ月(いくら・すじこ)
開封後の保存方法】冷蔵または冷凍

新鮮ないくらやすじこは色が鮮やかで粒がはっきりしていて張りもある。生のすじこは醤油漬けや塩漬けにすると、冷蔵で約7日間もつ。
冷凍は1食分ずつ小分けにして保存する。



たらこ・明太子
賞味期限】10~14日
保存温度】10℃以下
開封後に食べられる期間】冷蔵で約8日 冷凍で約1~3ヶ月
開封後の保存方法】10℃以下で冷蔵または冷凍

スケソウダラの卵巣の塩漬けがたらこ、それにトウガラシなど辛味のあるタレに漬けたのが明太子である。双方ともに、ラップにひと腹ずつくるんで冷蔵すれば約1週間くらいもつ。冷凍は、密閉容器に入れて保存すること。



スモークサーモン
賞味期限】1週間
保存温度】10℃以下
開封後に食べられる期間】冷蔵で約5日
開封後の保存方法】10℃以下で冷蔵

パッケージのまま冷蔵すれば5日~1週間保存可能。冷凍品の場合は約1ヶ月くらい保存できる。



わかめ(生・塩蔵・乾燥)
賞味期限】3~5日(生) 60日(塩蔵) 1年(乾燥)
保存温度】冷蔵(生・塩蔵) 常温(乾燥)
開封後に食べられる期間】賞味期限日まで(生) 約10日(塩蔵) 約半年(乾燥)
開封後の保存方法】冷蔵(生・塩蔵) 冷暗所(乾燥)

生わかめは劣化が進むと柔らかくなってきたり、ベタついたりするので、生魚などの生鮮食品と同じようなものであると意識しなるべく早めに食べきること。乾燥わかめはおいしさを保つために冷暗所に保存し、湿気を避けること。



昆布(塩蔵・乾燥)
賞味期限】2ヶ月(塩蔵) 1年(乾燥)
保存温度】冷蔵(塩蔵) 常温(乾燥)
開封後に食べられる期間】賞味期限日まで(塩蔵) 約10ヶ月~1年(乾燥)
開封後の保存方法】冷蔵・冷凍(塩蔵・乾燥)

塩蔵昆布は冷凍保存で約1年保存可能。開封後の乾燥昆布はビニールなどに入れて冷蔵庫化冷凍庫に入れること。時々、天気の良い乾燥した日に半日程、日に当てるとより長持ちする。

参考文献
「カラーグラフ食品成分表」実教出版
「賞味期限がわかる本」宝島社

スポンサーサイト

 | 開封後の「食べ物」賞味期限ナビ | 

カテゴリー
RSSリーダー
Add to Google
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ブックマーク
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ん、これは!(・д・)
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。