開封後の「食べ物」賞味期限ナビ

賞味期限についてはだいたいわかるけど、封を開けた後の食べ物の賞味期限っていったいどれくらいなの?といった疑問を解決するために立ち上げました。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果物の選び方と保存法(ぶどう・さくらんぼ・洋梨・スイカ)

果物の選び方と保存法(ぶどう・さくらんぼ・洋梨・スイカ)


ぶどう(冷蔵庫で約2週間保存可能)

選び方
ぶどうの粒の表面に白い粉がついているのが新鮮なものといわれている。時間が経ち鮮度が落ちるとぶどうの粒が落ちやすくなり
枝が黒ずんでくる。なお、ぶどうの上の部分にある粒が一番甘く、次に下の方が甘く、真中にある粒が一番甘味が弱い。

保存法
本当は冷蔵庫に入れると徐々に味と香りが落ちてしまうので、冷暗所で保存して、食べる1時間前くらいに冷蔵庫で冷やして食べるのが
おいしくぶどうが食べられるが、保存期間に関しては、冷蔵庫の方が長持ちする。冷蔵庫に保存するときはぶどうを紙で包んでポリ袋に入れると
夏でも約2週間保存可能。



さくらんぼ(採取後3日までならおいしく食べることができる)

選び方
見た目に色が鮮やかで光沢と張りがあるものが良い。軸が茶色いものは鮮度が良くない可能性があり、皮に褐色の斑点があるものは避ける。

保存法
さくらんぼは、鮮度が落ちやすい果物であるため、採取後3日までならおいしく食べることができる。冷蔵保存する場合は、
さくらんぼを容器に移しラップをかけるかポリ袋に入れるが、あまり長く冷蔵庫に入れておくと甘味が消えてきておいしさくなくなる。
常温保存が理想。



洋梨(常温保存約5日後が食べごろ)

選び方
ラ・フランスなどの洋梨は香りが強く、傷がないものを選ぶこと。見た目は特にデコボコしていても特に問題は無い。
洋梨は熟してくると皮が黄色っぽくなり、軸が茶色っぽくなって乾燥してくる。

保存法
洋梨は日本の梨とは違い、収穫してから完熟するのを待ってから食べること。収穫後、常温で約5日くらい置いておき、軸周りや尻の部分が柔らかくなったら
食べごろになる。洋梨は袋に密閉して冷蔵すると、熟成を止めることができるといわれているので、食べる数日前に常温に置いて熟成させるのも一つの手。



スイカ(カット後野菜室にて約2~3日冷蔵保存可能)

選び方
叩いた時に、やや濁った音がすれば食べごろである。カンカン、ポンポンと澄んだ音がするものはまだ未熟。
丸くて色つやが良く、しま模様がくっきりと太く浮き出ているものが良い。

保存法
スイカは、丸ごと買って野菜室に入れるのがいちばん味が落ちにくい。冷蔵庫に入らなければ風通しの良い日陰で保存。その状態で約4~5日はもつ。
カットしたスイカはラップで包んで冷凍れば約2~3日保存可能。


参考文献
「カラーグラフ食品成分表」実教出版
「賞味期限がわかる本」宝島社
スポンサーサイト

果物の選び方と保存法(バナナ・りんご・いちご)

果物の選び方保存法(バナナ・りんご・いちご)

バナナ(風通しの良い常温の場所で約1週間保存可能)


選び方
付け根が黒くなっているものは早く傷みやすいので、付け根が綺麗で皮が十分に黄色くなっているものを選ぶ。
黒っぽいシミや傷があるものも避ける。ただし、茶色の斑点はシュガースポットといわれるものなので問題なし。むしろ、その頃合いを狙って
食べる方が、バナナに甘味が増すだけでなく、食べた人の免疫力も高まるので好ましい。

保存法
バナナはなるべく風通しの良い所に置き、1週間以内に食べきることが理想。そして、置いて保存すると、当たっている部分から悪くなるので、
ヒモやフックなどを利用して吊るして保存したほうが望ましい。または、尻を上にして置く。保存の適温は12~15℃なので冷蔵庫に入れると低温障害を起こしてしまって
真黒になってしまうので避ける。黒っぽいシミが出てきたら皮をむいて中身をラップで包み冷凍保存すると約1週間くらいはもつ。
また、バナナは凍らせることでポリフェノール量が増加し、余分な活性酸素を取り除いてくれる。


りんご(冬場は冷暗所で約1ヶ月保存可能)


選び方
ずっしりと重みを感じるもので硬くて形が整っているものを選ぶ。
保存法
冬場は風通しの良い冷暗所で約1ヶ月保存可能。たくさん手に入ったら一つずつペーパータオルで包み新聞紙を敷いた段ボールに並べて入れておくのが理想。
また野菜室に入れておくのも良い。しかし、りんごはエチレンガスを出すので他の野菜や果物の成長・老化に影響を与えてしまう。りんごの尻を上にすると
エチレンガスの発生量が多くなるので普通に立てて、野菜室の中ではポリ袋で密封して保存すること。


いちご(野菜室で約4日保存可能)

選び方
いちごのヘタがしおれず青く、ピンとしているもので赤い色がムラがなく鮮やかで光沢があるものを選ぶ。また表面に傷がないか、粒々がくっきり際立って見えるか
も確認しておくこと。
保存法
いちごは重ねると下から傷んでくるので、買ってきたらすぐにパックから出して密閉容器で並べて野菜室で保存すると良い。いちごは鮮度が落ちやすいので、野菜室で
冷蔵しても4日を超えると徐々に悪くなってしまう。ヘタを外すとそこから水分が抜けてしまうので、ヘタは付けたまま保存し、食べる前にヘタを取ると良い。




参考文献:「カラーグラフ食品成分表」実教出版
     「賞味期限がわかる本」宝島社
      バナナ学入門/丸善ライブラリー

 | 開封後の「食べ物」賞味期限ナビ | 

カテゴリー
RSSリーダー
Add to Google
My Yahoo!に追加

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
ブックマーク
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

ん、これは!(・д・)
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。